2008年10月06日

必要とされるためのあらがい



下、BGMあり。

BGM:Methuselah「ヒヤシンス」


「もういいだろ」は自分のための言葉

「もう少しやるか」は誰かのための言葉

きっと誰かのためになる言葉

褒めてあげるということは

「あなたが必要だよ」というサインにもなる

だから「もう少しやるか」と

誰かを思って力にする



私たちは向き合いたい

私たちは認め合いたい

私たちは触れ合いたい

私たちは笑い合いたい

私たちは思いあいたい

私たちは喜び合いたい

私たちは抱きしめあいたい



自分らしい自分を見つけたい

自分のペースで生きていきたい

自分の好きなことしかしたくない

自分さえよければ他はどうでもいい



どうしてか足を踏み外したり

どうしてか疲れ果ててしまったり

どうしてかもう一人になりたかったり

どうしてか一人でできると思ったり

いつの間にか思い上がりが

どうしようもなく心にはびこっていたり



人を否定したりはよくできる

人を褒めたりはなかなかできない

人は誰かを必要としていて

人は誰かに必要とされたい

人は誰かに愛されたい

人は誰かを猛烈に愛したい



本当は

誰もが生きていたくてしょうがなくて

本当は

誰もが必要とされたくてしょうがない

だから

誰もがなにかにあらがって生きている

だから

誰もが必死に自分の存在を証明しようとしている
posted by あさかぜ at 07:43| Comment(0) | 朗読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。